(社)北陸建設弘済会のプロジェクト研究会の被災地視察

(社)北陸建設弘済会では、「プロジェクト研究会」を立ち上げ、「北陸地域に住む人々の英知や発想、研究を支援し、地域の活性化に寄与することを目的に助成」しています。

そのうちの一つ、プロジェクトVでは、「地域の自立を促進し持続可能な地域形成するため、中山間地域を対象として地域通貨を導入し、「地域内コミュニティの活性化」「都市・外部との交流」「地域内の人材活用」等中山間地域全体の課題解決の手法としての評価をおこない、今後の地域の持続的発展に寄与しようとする」研究があります。

DSC08680.jpg DSC08678.jpg

本日は、プロジェクトVの委員の皆様を中越地震被災地の視察にご案内しました。しかしながら、あいにくの小雨。所々では、バスから降りずに車窓からの案内になりました。

※写真は、山古志支所で研究の成功を祈って元気に鐘をつく、研究員(大学院生)

この視察の結果をもとに、よい研究成果が出ればいいと思っています。