住民主体の運行へ~高校生バスの意見交換会

5月10日(月)の19時から、高校生を持つ保護者の方々を対象に、高校生を運ぶバス運行についての意見交換会を行いました。週の始まりの忙しい月曜日の夜にもかかわらず、山古志支所の会議室に集まって頂いた保護者は6名。「19時15分宮内駅発」クローバーバスについて、これまでの利用状況や、今後の運行体制についてご意見を頂きました。

201005102003000.jpg

フロンティアの事務局およびクローバーバス運行共同体としては、当初は暫定的な「サービス便」として運行を始めましたが、

・部活動が終わる時間と合わないことや
・宮内~山古志支所での送迎のみで
・運転手の拘束時間との関係や、
・翌日のバス運行のための点検整備等の時間の関係で
・種苧原などの集落まで送迎できない

など、現状を説明したところ、普通免許で運転できる小型のクローバーバスを貸与してもらえれば、保護者の皆様がローテーションを組んでその便の運行に協力できるかもしれないなど、将来、住民主体の運行へ移行する際の足がかりになるご意見も頂きました。

今後また事務局や保護者の皆様と検討を重ね、より良いサービスが提供できるようにしていきたいと思います。