夏に向けてアルパカのサマーカット

すっかり山古志の観光地となった、油夫地区のアルパカたち。南アメリカが原産で、もともとはその毛を取るために改良された家畜ですが、放っておくとどんどん体毛が伸びてしまうそうです。そこで、夏も近いことですし、毛刈りをすることになりました。

IMGP0008.jpg

6/13(日)、天気が良ければ午前9時ころから、油夫のアルパカ牧場脇の集会所の1階で毛刈りと爪切り、歯磨きなどをします。刈り取った毛は、地元のお母さんたちによって紡がれて、高級な毛糸になる予定です。