児童・生徒の通学時の安全確保のために

秋に入るとめっきり日が暮れるのが早くなりました。夕方は五時を過ぎればもう真っ暗。スクールバスの圏外の山古志小中学校の児童・生徒にとっては、特にこれからの積雪期において、除雪で路肩が狭くなった雪道を歩いて帰らなければなりません。

一昨年までは、保護者の皆様が負担金を出し合い、タクシー協会に児童・生徒の送迎を依頼していましたが、昨年からはクローバーバスがお手伝いしています。

DSC04409.jpg DSC09193.jpg

現在、クローバーバス運行共同体と事務局では、これからの積雪期のダイヤを考慮しながら、児童・生徒の送迎用のダイヤについて検討しており、2学期が始まる10月12日より、夕方便の運行を開始しました。運転手の数やバスの台数にも限りがあるため、きめ細かな送迎サービスは提供できませんが、児童・生徒の安全な通学を確保できるように、今後、冬のダイヤを組みたいと思っています。