実施報告

全日本難聴者・中途失聴者団体の皆様 視察案内   2013年10月6日(日)

こちらをご覧ください。

富山県南砺市 平自治振興会の皆様 視察案内   2013年9月13日(金)

こちらをご覧ください。

中越市民防災安全大学の皆様 視察案内   2013年8月31日(土)

こちらをご覧ください。

群馬県危機管理室の皆様 視察案内   2013年7月20日(土)

こちらをご覧ください。

群馬県危機管理室の皆様 視察案内   2012年11月17日(土)

こちらをご覧ください。

陸前高田市議会総務委員会の皆様 視察案内   2011年12月7日(水)

こちらをご覧ください。

山梨県中央市田富地区民生委員の皆様 視察案内   2011年10月24日(月)

こちらをご覧ください。

信濃川大河津資料館友の会さま 視察案内   2008年8月31日(日)

DSC00238.JPG  8月31日(日)に信濃川大河津資料館友の会26名の方に中越地震被災地視察案内を行いました。当日は、大変暑い中、燕市の大河津資料館を出発し、妙見から小千谷東山、山古志を廻りました。

 参加された方々は、大河津分水の上流にあたる信濃川の妙見崩落現場を見学し、現在も信濃川に流れ落ちた大量の土砂を見て、信濃川の安全面と中越地震の数少ない爪痕という観点から、このまま保存すべきか等の意見を交わしました。

長岡市建設業協会さま 視察案内   2008年8月27日(水)

モロコ.jpg 8月27日に長岡市建設業協会38名様に中越地震視察案内を行いました。参加した皆さんは、実際、中越地震の復旧工事に携わった方も多く、当事と今との違いを当事を思い出しながら感慨深くご覧になっていました。また、山古志で滋賀県琵琶湖から導入したコイ科の魚「モロコ」の養殖現場を見学し、昼食にから揚げにしてご馳走になりました。「モロコ」が新しい山古志の特産品となるよう私達も協力していきたいと思います。

日本防災士会群馬支部様 視察案内2008年7月13日(日)

7月13日(日)に日本防災士会群馬支部の方19名に中越地震被災地視察案内を行いました。当日は当会理事で中越復興市民会議の稲垣さんがガイドを行いました。また、昼食を頂いた山古志竹沢の民宿「たなか」で星野京子さんから地震当時の体験談をお聞きしました。参加者も体験者の生の声を聞き、今後の群馬での防災士活動に活かしていきたいとのことでした。

DSC00125.JPGのサムネール画像のサムネール画像 DSC00129.JPG DSC00123.JPGのサムネール画像

7月3日 鎌倉市自主防災組織連合会様 視察案内2008年7月3日

DSC00101.JPG

7月3日、鎌倉市自主防災組織連合会64名の方に中越地震視察案内をさせていただきました。

視察には石渡徳一鎌倉市長も同行されました。

宿泊先の蓬平温泉「福引屋」さんの女将に見送られながら出発。

山古志木篭の芋川河道閉塞により水没した家屋や手掘りのトンネルとして日本一長い中山隧道を見て廻り、山古志支所では青木支所長から被災当事の話をお聞きしました。

お昼に小千谷市東山地区の住民の方から手打ち蕎麦をいただいた後、皆川優太くんが奇跡的に救出された長岡市妙見の土砂崩落現場を見て、皆さんが亡くなった優太くんのお母さん、お姉ちゃんに黙祷しました。

新うがち橋.JPG 妙見.JPG

6月22日 つくばみらい市消防団 視察案内2008年6月22日

茨城県の「つくばみらい市消防団」の方33名に中越地震視察会を行い、小千谷市東山地区、山古志を廻りました。

当日は、山古志池谷地区にある「池谷闘牛場」で牛の角突きが開催されており、闘牛をまじかに見ることもできました。「つくばみらい市消防団」の方は、妙見の大規模崩落と「皆川優太君」救出の現場を見ながら、今後の消防活動に活かしていきたいとのことでした。

6月14日 本庄ハイキングクラブに視察案内2008年6月14日

本庄市.jpg

埼玉県の本庄ハイキングクラブの方20名に中越地震視察会を行いました。

当日は道の駅「おじやちぢみの里」から出発。山本山から全景を眺め、小千谷市東山地区、山古志を廻りました。

途中、お昼には小千谷市東山の住民の方で行っている「金倉そば道場」の方が手打ちで作った「そば」をいただきました。

視察終了後、本庄ハイキングクラブの方から取り立てのトウモロコシをお土産にいただきました。

中越大震災から3年 復興シンポジウム2007年10月16日

  • p-g01.jpg
  • p-g02.jpg
  • p-g03.jpg
  • p-g04.jpg
  • p-g05.jpg
  • p-g06.jpg
  • p-g07.jpg

10月12日(金)~14日(日)の3日間にわたり、(社)中越防災安全推進機構、(社)北陸建設弘済会、長岡造形大学、新潟県中越地震・大地復興推進会議、NPO法人中越防災フロンティアの共催で「中越大震災から3年 復興シンポジウム」が開催されました。

このシンポジウムは、震災の発生から3年という節目に、これまでの復興活動を振り返り、これからの復興についてあらためて考える機会として開催されました。台湾大地震の復興に尽力された雲林科技大学の黄世輝副教授、川口町企画商工課の星野課長を招いた講演会に始まり、シンポジウムでは復興活動に携わる様々な立場の方からの報告・議論が行われました。また、新潟県中越地震・中越沖地震の現場視察会も実施、復興の現場を体感していただきました。

13日・14日に行われた視察会には全コースとも定員を上回る申し込みがあり、のべ約120名の皆様にご参加いただきました。

中越地震の復興現場視察会では、復旧の現場・復興の様子を見学したほか、川口町で行われた「震央モニュメント」の除幕式や、震災復興感謝イベント「おかげ様感謝デー」にもお邪魔させていただきました。

また、今回初めて実施された新潟県中越沖地震の被災地視察会では、長岡造形大学の先生方の解説の元、青海川駅の地すべりの現場やえんま通り商店街など、柏崎市・刈羽村の被害の様子や復旧状況を見学しました。

※写真は視察会の模様です。