平成22年度事業計画

1.事業実施の方針

○運営体制
地域の代表を新たに役員に迎え入れるとともに、新しい事務局体制では、より地域に密着し会員の意見を聞きやすい職員配置とする。さらに、クローバーバス運営事業を引き継ぐための住民組織の基盤づくりのための事前準備検討委員会を設置し、将来の運営体制や事業の財源確保に関して検討を進めていく。

○クローバーバス事業
3年目を迎えたクローバーバスは、山古志・太田地区住民の生活の足として会員の皆様にご利用を頂いている。今年度は、更なる利用率向上と会員サービスの向上のために、定期ダイヤの空き時間を利用した「買い物バス」や「牛の角突き送迎バス」等を運行する。

○被災地視察案内
地震の経験を貴重な「資源」ととらえ、防災学習・災害研究の拠点の最前線(フロンティア)として、全国から被災地視察案内を継続して受け入れる。

○越後雪かき道場
5冬目となる越後雪かき道場は、地域内の若手に参画してもらいながらその運営のノウハウを獲得させる「指南役講習会」を広めることにより、新規開催地の開拓と地域内のコーディネータの育成に努める。これにより豪雪時の備え及び都市と地域との交流拡大のツールとして、さらなる県内外への進出を試みるとともに、フランチャイズ型の運営方法を確立する。 また、雪かきを主体にしたツーリズムの展開として、「防災」と「雪国文化体験」を織り込んだメニューを企画していくことにより、「防災ホワイトツーリズム」を展開していく。

中山間地の資源(地震経験、雪資源等)を活用した新しい発想による地域づくり

2.事業実施に関する事項 (特定非営利活動に係る事業)

(単位:円)

事業名 事業内容 実施日 従事者 受益対象者の範囲及び人数 支出見込額
現地調査・防災研究事業
  • 震災アーカイブスの基礎となる調査
  • 除雪ボランティア講習会(越後雪かき道場)の企画・運営
1~3月 8人 全国から100名 500,000
防災体験・学習事業
  • 中越地震被災地の視察会の企画、運営
4月~11月 4人
  • 全国の研究者、災害視察調査団、学生等
  • 300名
500,000
情報発信事業
  • 災害や防災に関する情報発信
通年 2人
  • 不特定多数
  • (ホームページ上)
246,600
コミュニティバス事業
  • 長岡市山古志・太田地区での会員向けバス運行
通年 10人 会員及び長岡市山古志・太田地域訪問者、約35,000人 26,070,000
合計 27,316,600