平成25年度事業計画

事業実施の方針

(1) 運営体制

地域住民が主体の組織体制として、より地域に密着した組織として本格的に活動していくとともに、やまこし復興交流館の運営に伴い新規に職員を雇用するなど、人員配置を強化していく。 また、地域交通の問題のみならず地域の潜在的な課題を解決するため、中越大震災復興基金に追加された新事業「地域経営実践事業」に申請し、持続可能な地域コミュニティや地域経営の確立を目指すとともに、これからも安心して暮らしていける中山間地の実現に向け、各種の 事業を積極的に遂行していく。

(2) クローバーバス事業

H25年度は、運行財源の復興基金の最終年度であるが、H26年度からも長岡市補助金に円滑に移行できるよう、交通政策課等の関係機関と綿密に討議を重ねていく。 また、会員制のバス運行から過疎地有償運送に運行体制が変わるため、受益者負担の原則から利用者への運賃徴収が必要となってくる。そのため、利用実態に合った詳細な試算を行っていくとともに、会員へのきめ細かな説明を行い、ご協力とご理解を得ていく。それに伴い、運転業務にかかわる職員に対して安全運転講習や、運行管理責任者に関する講習を受講し、新しい運行体制の準備を進めていく。

(3) 被災地視察案内

中越地震の経験を貴重な「資源」ととらえ、防災学習・災害研究の拠点の最前線(フロンティア)として、全国から被災地視察案内を継続して受け入れるとともに、東日本大震災の復興へのノウハウを提供していく。 また、今秋に開館 予定の中越メモリアル回廊の一翼を担う施設「やまこし復興交流館」を、地域経営実践のエンジンとなる交流拠点施設 として位置づけ、中越大震災の教訓と知見を伝承する施設として活用していく。

(4) 越後雪かき道場

豪雪時の備え及びボランティアと中山間地域との交流拡大のツールとして定着させていくともに、昨年度開発した雪下し用の命綱に関して安全講習会を開催したりパンフレットを作成したりすることにより、事故軽減の啓発活動を行っていく。特に、アンカー設置の問題に関しては、地元をモデル地域として「雪下ろし事故ゼロモデル地区」を推進していく。